グローブ

【手袋】お手入れ方法と使う道具のまとめ!内側をキレイにするやり方

こんにちは!Yuuです!

寒い時期に必須の手袋は1つ持っているだけで重宝しますよね!

ただ、長いこと使っていると、革がカサカサしてきたり、擦れてしまって色が剥げてきたなーっと感じる方も多いのではないでしょうか?

しまねこ
しまねこ
手袋ってどうやってお手入れするのかな?

そんな悩みを抱えている方もいると思うので、ここでは

手袋
  • お手入れの頻度
  • お手入れ方法と道具
  • ハンドクリームでケアして良いのか?
  • 内側をキレイにする方法

上記についてまとめています。

大切な『手袋』をお手入れして、長く愛用してください!

 

 

お手入れしないとどうなる?

『革の手袋』は防寒性もあり、しなやかで、丈夫なのが魅力。

そんな手袋も、ずっと手入れしないままだとやれてきてしまいます。

しまねこ
しまねこ
でも手入れって面倒くさそう!

そう考える方もいるとは思いますが、せっかく買った『革の手袋』がすぐに使えなくなってしまったら悲しいですよね。

  • 見た目がキレイになる。
  • 手に馴染んできて、つけ心地が良くなる
  • 愛着が湧いてくる

なんと言っても、長く使うことで自分の手に馴染んできて、つけ心地が良くなっていきます。

新品を何度も買っていては味わえない感覚なので、ぜひお手入れをしてみてくださいね!

 

 

お手入れの頻度はどのくらい?

『革の手袋』のお手入れの頻度は

1シーズンに1回くらい

だいたい冬のシーズンが終わったら、手袋をしまう前に磨いてあげるのが丁度いいです。

次に使う時に、キレイな状態で使えますし、しまっている時にカビが生えにくくなります。

雨に濡れた時や食べ物を落としてしまった時は、なるべくすぐに対処してください。

 

 

お手入れ方法と道具

ここでは、普段取り入れたいお手入れの方法を紹介します。

ケアする時に使える道具も載せておくので、チェックしてみてください!

『革の手袋』のお手入れ方法を簡単にまとめるとこちら

  1. ホコリを落とす
  2. 汚れを落とす
  3. クリームを塗る
  4. 馴染ませる
  5. 乾拭きで仕上げる

この5つの工程を定期的に行うだけで、キレイになりますよ。

 

ホコリを落とす

まずは、磨く方の手袋をはめて磨きやすくします。

表面に付いているホコリをサッと落としてあげましょう。

ホコリがあるとクリームをつけたり、汚れを落とす時のジャマになってしまいます。

 

ホコリを落とすには”馬毛ブラシ”を使うのがおすすめです。

指の間まで忘れずに行ってください。

おすすめの道具

 

 

汚れを落とす

次は、表面の汚れを落とすために、”ステインリムーバー”を使いましょう。

 

キレイな布に染み込ませて、軽く拭いていきます。

「の」の字を描くようにクルクル拭いていくと汚れが取りやすいです。

 

だんだん汚れてくるので、ある程度拭いたら、キレイな面に変えてください。

革が薄いので、こすり過ぎないように注意です。

また、色落ちの原因になるので、何度も同じ場所は拭かないようにしましょう。

キレイな布がない場合は、使い古したTシャツでも大丈夫なので、身近なものを使ってください。

 

おすすめの道具
M.モウブレイ「ステインリムーバー」(300ml)

サフィール コットンクロス (2枚入り)

 

 

 

クリームを塗る

ここで、革を保湿するために”クリーム”を塗っていきましょう。

つけ始める前に目立たないところで、色が変わったりしないか確認してください。

 

『革の手袋』は薄い革を使っていることが多いので、シミになりにくい”デリケートクリーム”を使用するのがおすすめです。

布で取って全体的に拭いていきましょう!

クリームを取る時は、少量で大丈夫です。

ある程度拭いたら、またクリームを取って繰り返し拭いていきます。

クリームもつけ過ぎはNGです。

革がベタつき、余分にクリームがついていると劣化の原因にもなってしまいます。

 

おすすめの道具
サフィール ノワール スペシャルナッパ デリケートクリーム ヌメ革

 

 

 

馴染ませる

クリームを全体的につけたら、”豚毛ブラシ”で馴染ませていきましょう!

力強くやらないで、撫でるようにブラッシングしてください。

革を伸ばしながらやるとブラッシングしやすいです。

 

おすすめの道具

 

 

乾拭きで仕上げる

最後は、キレイな布で乾拭きをして完了です。

汚れ落としやクリームがついてない面を使ってください。

乾拭きは、”ストッキング”でも代用は出来ます。

綺麗にツヤも出るので、布がない方は試してみてください。

全体的に拭ければOKです!

しまねこ
しまねこ
モチモチになってくるよ!

 

 

手袋にハンドクリームは使える?

『革の手袋』にハンドクリームで保湿をしようとする方もいらっしゃいますが、これはシミの原因になるので、おすすめしません。

手軽に使えるハンドクリームですが、『手袋』を長く愛用することを考えたら、避けたほうが良いですね。

 

人の肌と革製品は別物と考えておきましょう。

革専用のクリームを使ったほうがキレイに仕上がります。

 

手袋の内側をキレイにする方法

ここでは、『革の手袋』の内側をキレイにする方法を紹介していきます。

長く使っていると、汗や手の脂で汚れていき、気になってきますよね。

風通りも悪いので、放置していると最悪の場合カビが生えてしまいます。

そうなる前に対処しておきましょう!

〈日頃のケア〉

  • ひっくり返して、ファブリーズなどで”シュッと”して、陰干しする。

シーズンの終わりに

  • クリーニングに出す。

日頃のケアは、1ヶ月に1回くらい内側を除菌してあげましょう。

 

そして、シーズンの終わりには、クリーニングでキレイにするのがおすすめです。

内側までしっかり洗浄してもらうことで、夏場でもカビが生えないように保管することが出来ますよ。

 

おすすめの道具
ファブリーズ 除菌プラス 本体+つめかえ*6コ(1セット)【ros12】【ファブリーズ(febreze)】

 

まとめ

 

革の手袋
  • お手入れの頻度は1シーズンに1回くらい
  • お手入れ方法とおすすめの道具
  • 内側はファブリーズでキレイにできる
  • 念入りにやるならクリーニング

上記についてまとめました。

ぜひ定期的にお手入れをして、長く愛用してくださいね!