メンズ

【メンズ】ダウンジャケットを綺麗に見せるコツ!おすすめの色まとめ

冬のシーズンはイベント事がたくさんあって、友人やパートナーと出かけることが多くなりますよね。

そんな寒い外出の心強い相棒となってくれるのが、『ダウンジャケット』です。

皆さんはこれからダウンジャケットを着てどんな風に合わせようと思っていますか?

気になってる色のダウンジャケットをどう合わせて良いかわからない。

ダウンのおすすめコーディネートを知りたい!

インナーって何着れば良いのかな?

などなど・・・色々疑問が出てきますよね!

 

着こなしの難しいダウンジャケットには綺麗に見せるポイントがあるので、そちらに気をつけてスタイリングしていきましょう!

そこで今回は、

ダウンジャケット
  • 綺麗に見せるコツ

上記についてわかりやすくまとめてみました!

 

『ダウンジャケット』を綺麗に見せるコツ

『ダウンジャケット』をコーディネートで組む時のポイントはこちら!

綺麗に見せるコツ
  • サイズをジャストに合わせる
  • 色はダークカラーで
  • インナーはスッキリに

それぞれを細かく見ていきましょう!

 

サイズをジャストに合わせる

厚手のニットを着た時に少し余裕があるくらいのサイズ感を選ぶ。

どの洋服でも自分にあったサイズは大切ですが、ダウンジャケットは元々体を大きく見せてしまう為、さらにサイズ感に気をつけたいところ。

大きすぎるとだらしなく見えてしまい、逆にパツパツだと動きにくく違和感があります。

中に厚手のニットを着込んだとしても、動きづらくならない程度に余裕を持たせながらサイズ感を選ぶと良いです!

そのサイズ感であれば見た目に違和感がなく、例え薄手のニットを着てもブカブカにはならないので着心地の良さも保たれますよ。

 

 

色はダークカラーで

日本人の肌色と相性の良い「ネイビー」は特におすすめ!

コーディネートを落ち着いた雰囲気にしてくれるのがダークカラー。

日本人の肌の色にも合うので、迷ったら綺麗に仕上げてくれる暗めのトーンの色をチョイスしましょう!

だからと言って全身真っ黒はどんよりしてしまうので、もし真っ黒でスタイリングする場合は、アクセサリーや小物で色を加えてみてください。

 

 

インナーはスッキリに

薄手のタートルニットは綺麗にスタイリング出来るのでおすすめです。

もしタートルが苦手な方は、シャツ&クルーネックのニットの組み合わせも綺麗ですよ。

ボリュームのあるインナーを持ってきてしまうと見た目だけでなく、着心地も悪くなってしまうので、避けたほうが良いでしょう。

特に「チャンピオンのスウェット」や「フィッシャーマンセーター」など腕周りが大きいものを選ぶと窮屈でずっと着ているのも嫌になってしまいます。

ダウンジャケットは保温性に優れているので、よほど寒がりでなければインナーは薄手でも十分暖かく着れますよ。

 

 

『ダウンジャケット』のカラー別のおすすめ

ここでは定番で使いやすい色を厳選して、おすすめのカラーを紹介していきます。

珍しかったり奇抜な色はまとめていないので、安心してください。

先程の綺麗に見せるポイントを参考にしながらスタイリングしてみてくださいね!

今回紹介するダウンジャケットの色はこちら!

紹介する色
  • グレー
  • ネイビー
  • ベージュ

上記の色を紹介していきますね。

これから購入しようとしているダウンや手持ちのダウンジャケットがこれらの色ならコーディネートの参考にしてみてください。

 

黒はどんな色でも合わせやすい万能カラーです。

柄物や色物、合わせられるバリエーションが多く、着回しがしやすいですよ。

 

 

グレー

グレーも黒同様に色と柄をあまり気にせず合わせられるカラーです。

暗すぎる色がちょっと苦手!っという方に少しトーンが明るくなるグレーがおすすめです。

 

ネイビー

暗めのトーンですが、色味があるので清潔感のあるスタイリングがしやすいです。

日本人の肌色と相性が良いので、1つは持っておきたい色ですね。

 

ベージュ

ベージュは明るい色味なので、少しクセがありますが、パンツやインナーに暗いトーンの色を持ってくればバランスの取れたコーディネートが組めますよ。

 

まとめ

 

今回は、ダウンジャケットを綺麗に見せるコツと色のおすすめをまとめました!

これからダウンを購入しようと思っている方や合わせ方に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね!

おしゃれに出掛けちゃいましょう!

 

ダウンのおすすめブランドを知りたい方はこちら。

【メンズ】ダウンジャケットのおすすめブランドと選び方のコツ!真冬に必須アイテムである「ダウンジャケット」。 かなり暖かくて、着心地も軽いアウターは気になる人も多いはず。 しかし、 ...