メンズ

【メンズファッション】低身長でもおしゃれに着こなす方法!冬コーデ編

こんにちは!

この記事が気になったあなたは、身長が低くてもどうゆうふうに着こなせばおしゃれになるのか気になっているのではないでしょうか?

身長低くてもおしゃれになるコーデを知りたい!

低身長でNGなファッションってどんなもの?

色々な悩みが出てきますよね。

そこで今回は、

冬の低身長ファッション
  • コーディネートで気をつけたい事
  • おしゃれに着こなす方法

上記についてまとめてみましたよ!

この記事を書いてる自分は150cm台で、いろいろ洋服を選んできた経験をもとに解説していきます。

 

『低身長ファッション』
コーディネートで
気をつけたい事

まず、身長が低い人がどんな事に注意してスタイリングを考えると良いのか紹介していきます。

コーディネートで気をつけたい点
  • 大きすぎるサイズを着る
  • ポップで可愛らしいデザイン
  • 全身クラシックな着こなし
  • 腰パン
  • 身長を盛るインソールを使う

この中で、やっているファッションはありますか?

身長の低い人だとキャラに合わない可能性があるので、注意していきましょう。

それぞれ細かく見ていきます。

 

 

大きすぎるサイズを着る

 

この投稿をInstagramで見る

 

VELVET(@velvet_osaka)がシェアした投稿


程よいゆとりのあるサイズならありですが、メンズのLサイズやXLサイズをチョイスして着るのは難易度が高いです。

足が短く見えてしまいバランスが悪いです。

自分のサイズに合ったものを探していきましょう!

デザインによってはレディースを着るのもありなので、ネットで探すのも良いと思います。

同じフロアにメンズやレディースが置いてあることの多いセレクトショップなどは試着もしやすいので、実際に試すのもおすすめですよ。

 

 

ポップで可愛らしいアイテム


身長が低いと幼く見られることも多いと思います。

そんな中でキャラクターのTシャツや蝶ネクタイを使用した可愛らしいアイテムはその幼さをさらに加速させてしまいます。

特に色使いは気をつけたいところ

ビビットなピンクや明るい水色などいかにもアニメの世界から飛び出してきそうな色を使うのは避けましょう。

慣れないうちは黒やグレーなどのモノトーンやダークカラーを取り入れるとバランスが取りやすいです。

 

 

全身クラシックな着こなし

クラシックな装いに憧れる方もいると思います。

随所にクラシックの要素を入れるのであれば違和感はないですが、全身のアイテムが1900年代初めに見られるようなコテコテのクラシックだとキャラと合わずイマイチになる可能性が高いです。

これは身長が低い人に限った事ではないですが、コスプレの様になってしまいます。

ボーラーハットに肩がしっかりしたジャケット、パンツはサスペンダーで吊って古びた革靴を履く。

ここまでしっかりコーディネートしてしまうと浮くので、どこか1点、2点ほど使用するのが良いと思います。

 

 

腰パン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Ton(@tommyton)がシェアした投稿


腰パンは今の時代はあまり受け入れられるスタイルではないです。

よりだらしなく、足が短く見えるのでバランスも最悪です。

女性からの印象も非常に悪いので気をつけたいところ。

ラップなどのサブカルチャーがある人以外はやらない方が良いですね。

腰の位置でしっかり履いたほうが上品な着こなしも出来るのでおすすめですよ。

 

 

身長を盛るインソールを使う


身長が気になって「盛りたいな」っと思う気持ちはとても良くわかります。自分もそうでした。

ただ、これは心理的な問題もありますが、身長は盛らずに受け入れてしまったほうが気が楽です。

飲食店に入って靴を脱ぐ場所だったり、急に友人の家に遊びに行くことになり焦る経験とかありませんか?

脱いでいる時に現実に戻されている感じで結構周りの目を気にしてしまう事もあると思います。

ただ、外出していてずっと隠し続けているのは辛いと思うので、身長が低いことをしっかり受け入れて自分に合ったファッションを突き詰めていく方がずっと楽しいですよ。

特にどうやって盛るかを考えると選択出来る靴のバリエーションが減るので、気にしないほうが種類を選べて幅も広がります。

個人的な経験則ですが、気にしている方だったら少しずつで良いのでぜひ克服していただきたいです。

 

『低身長ファッション』
おしゃれに着こなす方法

ここでは、先程の気をつけたい点に注意しながら、さらにおしゃれに着こなせる方法を紹介していきます。

おしゃれに着こなす方法
  • パンツの裾はスッキリめで合わせる
  • 肩の位置を合わせる
  • シューズは上質なものをチョイス

以上の点は洋服を購入する際やコーディネートをする際に意識しておくと幼く見えず上品に着こなすことが出来ます。

 

 

パンツの裾はスッキリめで合わせる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaki Saitou(@masaki.saito1005)がシェアした投稿


大き過ぎるサイズを着ないように気をつけたい事と似ていますが、パンツの裾もスッキリ見えるように調節しましょう!

たとえウエストがしっかり合っていても裾がだぶついていると台無しになってしまいます。

裾が長い場合は少し時間はかかりますが、裾のお直しをお願いして綺麗に合わせましょう!

裾の調節であれば、場所によりますが1,000円前後でやってくれるところが多いです。

早いと1日で終わらせてくれるお直し屋さんもあるので、積極的に使っていきましょう!

ちょっとした手間で全体のコーディネートが全然違って見えます。

どうしても面倒な方は裾を捲くるのも良いですが、1~2回捲くる程度にしておきます。

これは、捲くる回数が増えると裾にボリュームが出てしまい横に広がって見えるので、バランスが悪く見えてしまいます。

ちなみに、裾を捲くると柄が見えるパンツがありますが、あれは非常に子供っぽく見えるのでおすすめしません。

あの手のパンツは選ばないようにしましょう。

女性の意見を聞いたことがありますが、中学生か良くて大学生にしか見えないらしいです・・・

その1点で全体のコーディネートがイマイチになるので選ばないようにしてください。

なので、パンツの裾はシンプルに自分の足の長さに調節して履くのがおすすめです!

 

 

肩の位置を合わせる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Caruso(@carusomenswear)がシェアした投稿

モデルなどが良くやっているオーバーサイズの肩が張ったジャケットを着ているコーディネートですが、あのスタイルはバランスが悪くなるのでおすすめしません。

身長が180cmくらいある方におまかせしておきましょう。

肩の位置はしっかり合っているものか、多少ゆとりがあり肩のラインが落ちるものを選択するのがおすすめです。

肩をピッタリ合わせているとサイズ感が合っているように見えるので、多少袖の長さがあっても違和感が減ります。

また、肩は治すのが大変ですが袖の長さは捲くったり出来るので、調整がしやすいです。

だからと言って指が隠れてしまうほど長いとNGなので、その場合は修理をお願いしましょう!

 

 

シューズは上質なものをチョイス

 

この投稿をInstagramで見る

 

J.M. WESTON(@jmwestonofficial)がシェアした投稿


これは個人的な意見ですが、足元に上質な革靴をもってくると幼さが減ります。

出来れば靴にはしっかりお金をかけて、上質な物を選ぶのがおすすめです。

シューズさえ上質な物をチョイスしていれば、あとは全身UNIQLOでも良い感じにコーディネートする事が出来ます。

質の良い革靴はちゃんと手入れをしてあげれば、何十年と履ける丈夫な物が多いのでぜひチェックしてみてください。

 

 

まとめ

今回は、身長が低い人向けにコーディネートで気をつけたい事とおしゃれに着こなす方法を紹介しました。

何か参考になれば嬉しいです。ぜひ試してみてくださいね!