靴磨き

【靴磨き】おすすめの布3選!代用できるアイテムも紹介!

靴磨きをする上で布(クロス)は必要不可欠!

クリームを馴染ませたり、汚れを落としたり、靴を手入れする時は布があるととても便利です。

ただ、靴磨きを始めたばかりや、これから始めようとしている方はどんな布を使えば良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

しまねこ
しまねこ
おすすめの靴磨き用の布を知りたい!

そんな方のために今回は、

  • おすすめの『布』3選
  • 用途によって使い分ける
  • 代用できるアイテム

上記についてまとめてみました。

靴磨き以外にも使えるので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

おすすめの『布』3選

shoe-care-recommended-cloth

靴磨きをする際におすすめの『布』は下記のブランドの布です。

  • モゥブレイ
  • サフィール
  • ブートブラック

3つとも靴磨きのアイテムを取り揃えているブランドです。

靴磨きのプロも使用しているグッズが揃っているので、この3社の道具を見れば間違いないでしょう。

 

モゥブレイ

shoe-care-recommended-cloth
M.MOWBRAY M.モゥブレイ モウブレイ リムーバー クロス

日本製のコットンを使用した目が細かい布です。

汚れ落としや靴磨きに対応する万能なクロスになっています。

価格も安く最初に手が出しやすいのが嬉しいポイントです。

 

 

サフィール

shoe-care-recommended-cloth
サフィール コットンクロス (2枚入り)

少し起毛した上質なフランネル素材を使用した布。

柔らかい質感で、靴を傷つけず綺麗に仕上げてくれるクロスですよ。

手入れをした後に満足感を感じられる磨き心地!

大判なので切り分けて使うのがおすすめです。

個人的に使った中で一番おすすめなのがこの「サフィール」の布です。

 

 

ブートブラック

shoe-care-recommended-cloth
ブートブラック ポリッシュクロス

日本の靴修理屋と靴磨きのグッズを取り扱う「コロンブス」が出しているブランド。

こちらも目が細かい革靴に優しい素材になっていますよ。

布が3枚入りなところも嬉しいポイントです。

 

 

用途によって使い分ける

shoe-care-recommended-cloth

ここまで、おすすめの布を紹介しました。

それではその布はどんな工程で使うのかそれを見ていきましょう!

主に3つの工程で使用します。

  • 汚れを落とす。
  • クリームを塗る。
  • 仕上げの乾拭き。

上記の工程で使用していきます。

先程おすすめした『布』は上記の全行程で使うことが出来る万能な布を紹介しました。

ただし、『布』はそれぞれの工程ごとに用意しておくことをおすすめします。

それは、汚れ落としを付けた布にクリームを付けてしまったり、乾拭きをしたいのにクリームが染み込んだ布を使用してしまったり、意図していない仕上がりになってしまうので、出来れば工程ごとに布を準備しておくと良いでしょう。

布を丁度良い大きさに切り分けておくと、無駄なく使えるので便利です。

少し面倒ですが、細かく用意しておくと後々楽になりますよ。

 

それぞれの工程を細かく見ていきます!

 

汚れを落とす

「汚れ落とし」を布に染み込ませ革靴を全体的に綺麗にしていきます。

汚れ落としは2~3滴程度付ける。
※付け過ぎは革を傷めてしまうので良くありません。

布の表面が黒くなってきたら位置を変えて磨く。

上記のポイントに気をつけて磨いていきましょう。

特に布の表面は拭いていると革靴の色が付くので、ある程度一箇所で拭いたら位置を変えながら拭いていくと革の古いクリームが取れていきますよ!

 

クリームを塗る

次はクリームを塗る段階で使います。

先程の「汚れ落とし」で使った布とは別のものを用意しましょう。

布にクリームが染み込みやすいので、適度にクリームを布に付けながら革靴に馴染ませてください。

おすすめのクリームを知りたい方はこちら

【靴磨き】革靴の手入れにおすすめのクリーム3選!乳化性と油性の違いとは?靴磨きでおすすめのクリームって何があるのかな? 乳化性と油性の違いがわからない! 初めはクリームを選ぶ時にどっちを選べば良い...

 

仕上げの乾拭き

革靴の表面に残ったクリームをさらに馴染ませるために「乾拭き」で仕上げていきます。

この工程では綺麗な布を使用したいので、「汚れ落とし」「クリーム」などが付いていない布を用意しましょう。

少し力強く拭くことで全体的にクリームが馴染み、表面が光ってきます。

表面にクリームが残っているとくすんだ印象になるので、なるべく「乾拭き」もしっかり行いましょう!

 

 

代用できるアイテム

shoe-care-recommended-cloth

ちなみに靴磨き専用の布に代用出来るアイテムがあるんです!

それが以下のアイテム!

  • Tシャツ
  • 市販で買えるフランネル生地
  • ストッキング

この3つのアイテムは靴磨きに使用することが出来ます。

 

Tシャツ

Tシャツはもう処分しようと思っているTシャツを切り分ければ、靴磨きの布として使えます。

出来れば白の無地Tが一番無難に使えて便利です。

プリントがされている箇所や刺繍が入った部分は革の表面を傷つける恐れがあるので、その部分は使わないようにしましょう。

 

 

市販で買えるフランネルの生地

安く靴磨きの布を作るならまとめ売りをされているコットンフランネルの生地を探して購入する方法です。

店舗ですと「ユザワヤ」や「オカダヤ」が有名でしょうか。

そこで好みの長さで購入し、自分で切り分けて使う方法も節約になって良いかもしれません。

下記のようにネットで販売もされていたりします。

フランネル地といっても、メーカーによって作りが違っていたりするので、直接見て触って素材感を見ることをおすすめします。

 

ストッキング

一番安価で用意できるのに「ストッキング」という選択肢があります。

100均で買える即席の靴磨きアイテムと言えるでしょう。

男性は買う時の恥ずかしさだけあるかもしれません!

ただ、クリームを塗る時と乾拭きの工程ではとても使いやすいアイテムなので、始めから布を買うのはもったいないと思う方はぜひ試してみてください。

ちなみに水分をしっかり染み込ませられないので、「汚れ落とし」の工程ではおすすめしません。

汚れが落ちにくいです。

 

まとめ

 

今回は、靴磨きをする際のおすすめの『布』と用途によって使い分ける方法、代用できるアイテムについてまとめてみました!

慣れてきたら色々な布を使って靴磨きに挑戦してみてください!

 

さらに靴磨きに必要な道具を知りたい方はこちら

【靴磨き】 最低限必要な道具5選!シューケアグッズを使う順番も紹介!靴をキレイに出来る道具が知りたい! 靴磨きするのに最低でもどの道具を揃えれば良いのかな?っと迷っている方に最低限これだけは持っておきたい靴磨きの道具をまとめました。 私も革靴を初めて買ったときには、どんな道具を使えば良いかわからなかったので、そんな悩みを解消できたら嬉しいです。...